桜花ずし

sushi_25

お花見気分で春らしさを演出

【材料・4人分】

玄米……………………………………………………2カップ
梅干し…………………………………………………1個
赤じそ漬け…………………………………………適宜
梅酢……………………………………………………小さじ1
青じそ…………………………………………………10枚
干し椎茸………………………………………………2枚
醤油……………………………………………………大さじ1/2
豆腐……………………………………………………1/2丁
ごま油…………………………………………………小さじ1
塩………………………………………………………小さじ1/4
カボチャの裏ごし*……………………………大さじ2
花形人参(2〜3mm厚さの輪切りにし、花型で抜いたもの)……4個
塩………………………………………………………少々
水………………………………………………………少々
いんげん………………………………………………4本
桜の花の塩漬け……………………………………適宜
木の芽…………………………………………………適宜

【作り方】

❶玄米は圧力鍋で普通に炊き、半分に分ける。
❷種を抜いた梅干しと赤じそ漬けを包丁でたたき、玄米ご飯の半分に混ぜる。
❸残りの玄米ご飯には梅酢をうち、青じそのみじん切りを混ぜる。
❹干し椎茸は戻して(戻し汁はとっておく)、みじん切りにし、戻し汁と醤油で煮付ける。
❺豆腐は水を切って細かくくずし、ごま油で炒る。塩とカボチャの裏ごしを加えて、4本箸でよくかき混ぜながらさらに炒り、細かいそぼろに仕上げる。
❻花形人参は塩を振って空炒り後、水を加えて蒸し煮する。
❼いんげんは塩ゆでして、斜め薄切りにする。
❽桜の花の塩漬けは塩出しする。
❾桜の形の押し型に②を半分まで詰め、④を散らし、さらに③を詰め、上に⑤を平らにのせてしっかり押し、型から出す。
⑥、⑦、または⑧、木の芽をきれいに飾る。
*カボチャの裏ごし▼一口大に切ったカボチャを蒸して皮をむき、裏ごししたもの。

レシピ制作 中田はる
リマ・クッキングスクール石神井教室主宰
故桜沢如一氏(マクロビオティック創始者)の教えを受けた父の影響で、マクロビオティック料理を実践する。1981年、リマ・クッキングアカデミー師範科修了。1995年より、石神井教室を開く。

リマクッキングスクール本校
東京都目黒区東山3-1-6
電話  03(6701)3285
FAX 03(6701)3287

BSL-48 クリニック
ICVS東京クリニック
K-101 クリニック
ニキビワクチン外来
聖ヶ丘病院
介護老人保健施設 聖の郷