“ CTL療法” を組み合わせる

●腫瘍への集中攻撃を目指す

CTL(Cytotoxic T-lymphocyte=キラーT細胞)とは、すでに敵であるがん細胞の情報をインプットされ、攻撃モードに入ったT細胞のこと。体外で培養したT細胞を、免疫機構の司令塔ともいうべき樹状細胞を使って教育し、殺傷力の高いCTLへ育て上げ、再び体内に戻すことで、がん腫瘍への集中攻撃を目指す治療法がCTL療法です。CTLはがんなどの異物除去に高い能力を示しますが、“HITV療法”とコラボレーションすることで一層効果を発揮します。
HITV療法は「治療型ワクチン」と呼ばれるように、進行・再発がんに威力を発揮する免疫療法です。その治療過程で誘導されるCTLを冷凍保存しておき、治療後に再発した場合、保存された自身のCTLを用いて再び治療することが可能なのです。CTL療法では培養期間が長めですが、この方法だと即座に治療に入れます。また、HITV療法によって誘導されるCTLは抗原認知能力、殺傷力ともに高いので治療効果もさらに向上するでしょう。

BSL-48 クリニック
ICVS東京クリニック
K-101 クリニック
ニキビワクチン外来
聖ヶ丘病院
介護老人保健施設 聖の郷