玄米ボールのスープ煮

071

団子にご飯が入っているので、一品で主食と副菜をかねるレシピです。
トマトや干椎茸には血圧を下げる効果が、
また切り干し大根にはデトックス効果があります。

材料(4人分)

玉ねぎ…………………………1個
にんじん………………………1/3本
トマト…………………………1個
味付きコーフー……………100g
切干大根………………………10g
干椎茸…………………………2枚
ごま油…………………………小さじ1
出し汁…………………………4カップ
にんじんすりおろし………100g
ローリエ………………………1枚
蓮根……………………………100g
玄米ご飯……………………100g
塩………………………………小さじ1/4+小さじ1/2
地粉……………………………50g
バジルフレーク…………小さじ1/2
麦味噌………………………小さじ2
梅酢…………………………小さじ1
コショウ……………………少々
いんげん……………………5本

作り方

1 玉ねぎ、にんじん、トマト、コーフーはそれぞれ1cm角に切る。切干大根は洗ってハサミで2〜3cm長さに切る。干椎茸は戻して回し切り。
2 ごま油で1の野菜を順番に炒め、出し汁とにんじんすりおろしを加えコーフーとローリエも加えて煮る。
3 蓮根をすりおろして鍋に入れ、玄米ご飯と塩小さじ1/4を加えて中火で練る。もっちりしたら火からおろし、あら熱をとってから地粉とバジルを加え、一口大に丸める(15個ぐらい)。(手をぬらすとやりやすい)
4 2に麦味噌と梅酢と塩小さじ1/2、コショウを加えて、煮立ったところに3の玄米ボールを入れて火が通るまで煮る。
5 塩ゆでにしたいんげんを小口切りにし、器に盛ったスープに飾る。
※コーフーがない場合は車麩や高野豆腐を醤油味で煮付けて代用する。

064

BSL-48珠光会Clinic
ICVS東京クリニック
BSL-48 International Clinic
ニキビワクチン外来
聖ヶ丘病院
介護老人保健施設 聖の郷
ICVS Tokyo Clinic V2
がんと宣告されたら